>

カーペットの肌触り改善をはじめ様々なスキルを得られると住生活でプラスが増える!

汚れを目立たなくするのも快適な使用に繋がる

汚れる原因とは?

カーペットの使用を続けると、何かしらの汚れは出ます。飲食物のおこぼしも1つの原因ですが、ヒトの皮脂や油によるものでも汚れが発生します。たとえカーペットに直接触れていなくても、飛び散りなどで症状が出ます。各種蓄積することで黒ずみに繋がります。

梅雨時期をはじめ湿気が出やすい所でカーペットを使用している場合、カビが発生しやすくなります。カビは、湿度70パーセント以上の場所を好むようです。換気などで対策を立ててもカーペットの下に湿気が溜まっているなら、防ぐことが難しいです。また、カビは落ちた髪の毛や飲食物でも発生する原因になります。素材に合う清掃をしたり洗濯を行うことで発生を防げる可能性は増すので、できる範囲での対策をしましょう。

重曹を使用する

生活用品の1つとして認知されている重曹は、カーペットの汚れ落としをする際にも効果を発揮します。

直接カーペットに振りかける場合は、掃除機をかけて汚れを除去してから重曹を全体にかけた後に汚れた部分を中心に馴染ませます。できれば6時間程度馴染ませると良いでしょう。その後、重曹を掃除機で取り除いたら完了です。なお、皮脂ダメージの対策を立てるなら、ゴム手袋を使用しましょう。

重曹スプレーを作り汚れを落とす方法もあります。30度ほどのぬるま湯にコップ2杯程度の水を混ぜたものを、スプレーにして使用します。汚れた部分に掛けてから乾拭きをしましょう。

ただし、襟足が長いカーペットは、重曹を吸い取りにくく掃除の際に負担が掛かる可能性があります。また、ペルシャ絨毯のような色物やおしゃれタイプのものであれば、色落ちが目立ってしまうかもしれません。



ページ
Topへ