>

カーペットの肌触り改善をはじめ様々なスキルを得られると住生活でプラスが増える!

ペットを飼っている人が知っておくと良い情報

噛みちぎり対策

室内でペットを飼っている場合、悩みの1つに噛み癖が出てくるでしょう。人が使用するカーペットとはいえ、ペットにとっては1つの遊び道具として認識しているかもしれません。

対策として、苦手な味の出るものを振りかけると良いでしょう。噛むのが嫌になればやめる可能性は出ます。直して欲しい時は、噛んだ時に都度しつけや指導を入れるのも必要です。ただし、愛情ではなく感情任せの方法はペットが委縮をしてしまいかねません。

また、噛みちぎりにはストレスも原因にあるようです。定期的な散歩や食事を与えていても思うように発散できていない場合があります。散歩の時間を増やしたり、屋外で野放しにできる所があればそこで発散させるのも効果が出るのを期待できます。上手にできると、ペットの健康面でもプラスとなることが見込めます。

毛や臭いが気になる人へ

ペットを飼っている場合、抜け毛の問題が出ます。疾患の問題以外では、春と秋の年2回は換毛期という生え変わりの時期にあたります。殆どのペットは毛により体温調整をしているので、生活を送るうえで欠かせません。抜け毛対策としては、月一回でもよいのでブラッシングをすると良いでしょう。最初は苦手に感じるでしょうが、優しい手つきで行うと素直に応じてもらえます。愛情や健康面で効果がある以外に、抜け毛が防げるとカーペットの汚れ対策に繋がります。

また、カーペットに糞尿をしたり寝転んだりなどで臭いが出る場合があります。中性洗剤を水で薄めてからタオルに洗剤液を含ませて、汚れや臭いがある所を叩くようにしましょう。仕上げの拭き取りをして乾燥をすれば完了です。放置をしても衛生面で良くないので、早い段階での対策が欠かせません。



ページ
Topへ